B型肝炎の特別措置法ってどんなもの?

B型肝炎の特別措置法というものを、ご存知でしょうか?テレビコマーシャルなどをはじめとして、ご存知の方もいるでしょう。しかし全くこのような特別措置法を知らず、B型肝炎と闘っている患者さんもいらっしゃいます。このB型肝炎の特別措置法というのは、今現在から遡り過去の生活の中で集団予防接種などを受けた方が対象となっています。また予防接種を受けた上でB型肝炎に感染している方は、給付金が受けられるといった制度になります。

なぜこのようにB型肝炎の集団感染などが起きてしまったのかというと、当時は注射器指導などが無く国の責任期間についても、今ほど強く責められるものではありませんでした。そのため、集団予防接種等では注射器の連続使用などがあり、こういった状況は国が黙認していたことによって、予防接種での集団感染という問題が起きてしまったのです。

相談窓口については厚生労働省が発表している公式ホームページなどがありますのでそちらを参考にしてください。また該当する期間にB型肝炎に感染してしまった方は、このような相談窓口ではなく基本的には法律事務所に相談した方が良いです。B 型肝炎の救済措置を受けるためには様々な書類を揃えて提訴しなければなりません。そして訴訟を起こした上で最終的には和解が決まり、その段階で救済措置となる給付金が支払われることになっています。ただしこのB型肝炎への特別措置法は、B型肝炎に罹患していれば誰もが対象になるものではありません。